青汁の素材|人気の青汁口コミランキング

青汁ランキング

青汁口コミランキング青汁の素材

青汁徹底調査結果

大麦若葉やケール・クロレラ
色んな青汁の素材の効能

青汁は主成分が重要

青汁は、カロテン、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、栄養価のバランスが良いです。 他に葉緑素や、活性酸素を除去するSOD酵素が含まれていると言われています。購入する理由は、手軽に野菜不足を補えることです。青汁の主な原材料は、大麦若葉、ケール、桑葉です大麦はイネ科、ケールはアブラナ科、桑はクワ科です。ケールはキャベツの原種で、ルテインやゼアキサンチンも豊富です。青汁の形状には、冷凍、冷蔵、常温の液体と粉末があります。原材料が大麦若葉のみの粉末は少し甘みがあり、原材料がケールのみの粉末はそれより少し塩辛さを感じましたが、飲みにくくありませんでした。 冷凍はより生の青汁に近い感じがして、酵素が残っていそうです。私が購入したものは、原材料がケールのみでしたが、苦味やえぐみはなく飲みやすいものでした。青汁に味をつけたほうが飲みやすいと感じる方でも、商品自体に味付けしていないものを購入して、自分でアレンジすると毎日違う味が楽しめます。汁の粉末商品には、美味しくするためや栄養素を補うために、商品により他の原材料がブレンドされています。味を調えるために、抹茶、果物、乳製品、甘味料などがブレンドされます。

お腹の調子をととのえるために、水溶性食物繊維、ビフィズス菌、オリゴ糖が配合されます。デキストリンはミネラルの吸収を促進し、豆製品はイソフラボンを補うことができます。抹茶又は甘味料が入っているものは、青汁というより抹茶の味でした。牛乳又は豆乳が入っているものはまろやかな味で、抹茶が入っていないものでも抹茶ミルクのような味でした。きな粉又はゴマが入っているものは、香ばしい感じがします。 栄養素と味の好みにより、アレルゲンに注意して購入しましょう。商品によってはシェイカーがついていることもあります。上記にないようなものと組み合わせたいときと、フレッシュな状態で混ぜたいときに便利です。 はちみつをまぜると味にコクが出て、ブラウンシュガーを混ぜると深みが出ます。

最近話題のクロレラ素材

色々な素材が開発される中、クロレラが青汁の主成分として重要視されています。昔からクロレラはミネラルやビタミン、葉緑素、食物繊維を豊富に含む素材として注目されていました。これを青汁の素材として使用されているものが多くあり、ユーザーのクチコミも良いようです。とってもオススメですね。

公式サイトへ


Copyright (c) 2012 青汁口コミランキング. all rights reserved.