青汁とケール|人気の青汁口コミランキング

青汁の人気ランキング

青汁徹底調査結果

昔ながらの青汁の主成分
栄養価豊富なケール。

青汁には欠かすことが出来ない主成分ケール。

現在、多種多様な成分で作られている青汁ですが、最初に日本に広まったのはケールからできた青汁でした。日本では家庭で食べられることも少なく、馴染みの少ないケール。青汁の原料としてしか知らない方も多いかもしれません。
そんなケールですが、実は豊富な栄養素を含み、野菜の王様と言われるほど栄養価が高いため、青汁として昔から使われてきたのです。
 さて、そのケールの成分ですが、食物繊維をはじめ、β-カロテンやルテイン、カルシウム、ビタミン類、メラトニンなどが豊富に含まれています。そのケールの青汁の健康効果には様々な働きが期待出来ますが、特に下記のような働きが期待されています。  ○ 便秘解消
 ○ 血流改善
 ○ 美肌効果
 ○ 免疫力促進
 ○ 睡眠促進
 ○ アンチエイジング
 ○ 眼精疲労予防

ケール自体は馴染みは少ないかもしれませんが、キャベツの原種であり、紀元前から栽培されていたと言われています。日本には江戸時代以降に伝わり、戦後間もない食糧不足の時代から青汁として飲まれるようになりました。青汁の原料としては、当初、小松菜や大根の葉など、いろいろなものが試されましたが、栄養のバランスが良く、収穫量も多いため、青汁の原料として代表的なものになっていきました。食の欧米化が進み、また、野菜自体の栄養価も下がってきたこの時代。毎日の健康のために、ケール青汁をおすすめします。私が飲んでいる青汁も全てケールを主原料としている青汁を必ず飲んでいます。青汁マニアにとってはこの情報は当たり前の情報ですね。

公式サイトへ


Copyright (c) 2012 青汁口コミランキング. all rights reserved.